球道雑記BACK NUMBER

ドラフト指名を諦めかけた日も……。
杉山晃基の「直球」は呼ばれるか。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byRyotaro Nagata

posted2019/10/13 11:40

ドラフト指名を諦めかけた日も……。杉山晃基の「直球」は呼ばれるか。<Number Web> photograph by Ryotaro Nagata

快進撃を続ける創価大の三本柱の1人。悔しさを力に変えて磨いた直球は、プロの舞台で見ることはできるか。

自信を取り戻した完投。

 それから次の公式戦まで2週間が空いた。岸監督は、杉山、望月、小孫竜ニの4年生、3投手を監督室に呼んで、こんな話をした。

「(ネット裏に)スカウトいっぱい来て、ちょっと力んでいるんじゃない?」

「自分の持っているもの以上を出そうとするとダメ」

「もっと楽にやろうよ」

 杉山もこの話を聞いて、少し気分が楽になったという。

 そして9月21日から行われた秋季リーグ・共栄大学との試合では、第1戦、第3戦に先発し、ともに完投勝利。ドラフトという、秋の大目標に向けて、少しずつだが状態も上がって来た。

「内容としては、けっして納得いくピッチングじゃなかったんですけど、それ以前の4年春、3年春と秋のリーグ戦では、1つのリーグ戦を通して安定して投げることができなかった。そういった面ではこの前の共栄大学戦で1戦目と3戦目に完投できて、2年の秋以来に長いイニングも投げれたというか、久しぶりに良かったなって思いましたね」

12球団から届いた調査書。

 その後も創価大学は快進撃を続け、リーグ最終節を待たずして関東地区大学野球選手権大会(横浜市長杯)の出場が決定。悲願である明治神宮大会優勝に向けて、まずは最初の関門をクリアした。

「ピッチャーは難しいですよ。ちょっとしたことでボールが走らなくもなるし、ちょっとしたことでコントロールを乱したり、投げ過ぎると肩や肘を壊したりと色々ありますからね。でも、その割にあの子たちは、きちっと練習もしますし、ケアもする。野球に取り組む姿勢が真摯ですよね。真面目にやっているから。だから思うんだけど、4年になったらみんな張りが出てきましたよ。そこできちっと自分の投球ができるように持ってくる。さすがだと思いました」(岸監督)

 そんな杉山にはプロ12球団すべてから調査書が届いているという。

 運命の日は10月17日――。

 岸監督の表情もどこか満足気だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

創価大学
杉山晃基

大学野球の前後のコラム

ページトップ