JリーグPRESSBACK NUMBER

日本はあっさり、中国はこってり。
ACL鹿島戦で感じたテイストの違い。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/20 11:30

日本はあっさり、中国はこってり。ACL鹿島戦で感じたテイストの違い。<Number Web> photograph by Getty Images

決定的な一撃を放つなど、存在感を示したレオ・シルバ。しかし、鹿島は広州恒大に敗れ、ACL連覇を逃した。

組織よりも個が際立つ中国。

 これは鹿島の問題ではなく、私たち日本人の課題といってもいいと思う。日本人は、大勢の中では人任せにしてしまうところがある。私だって無縁ではない。

 広州は違った。

 1人ひとりが「俺に任せろ」とボールを持ち出し、ファウルを取ったり、裏を突いた。こうした個性の強さは、良くも悪くも過度な競争社会と無縁ではないと思う。個人の力を見せなければ、容赦なく置き去りにされてしまう。

 2連覇を狙った鹿島が敗れ、日本勢では浦和が準決勝に勝ち残った。

 浦和は前夜、同じ中国の上海上港を下したが、オスカル頼みの上海に比べて、広州はチームとして手ごわい。その上で、厄介な個人がたくさんいる。このチームに勝つのは至難の業だ。

 チームで上手くいかないときに、勝敗をひとりで引き受けられる個人が出てくるか。それは浦和のアジア制覇だけでなく、日本サッカーの将来を左右するテーマだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
鹿島アントラーズ
レオ・シルバ
広州恒大

Jリーグの前後の記事

ページトップ