マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

今年の甲子園に漂う打撃戦の予感。
地方予選で見た本物の注目野手たち。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/04 11:50

今年の甲子園に漂う打撃戦の予感。地方予選で見た本物の注目野手たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

履正社・井上広大が本格化してきた。大阪の代表校は、常に甲子園では優勝候補である。

東海大相模の2年生4番は逸材。

 1年生の昨夏から超高校級の飛距離と注目された西川僚祐(2年)や、投手・遊撃手の二刀流が光る遠藤成(3年)ばかりの名前が躍る東海大相模だが、4番をつとめる山村崇嘉一塁手(182cm85kg・右投左打)、このスラッガーを推したい。

 ホームランも打てて、アベレージも狙える。パワーとバッティング技術をどちらも「超一流」のレベルで兼備した「逸材」と見る。

 近いところなら、ヤクルト・村上宗隆のイメージか。事実上の「プロ1年目」だからアベレージで苦しんでいるが、村上選手のアベレージヒッターとしての資質は一級品だ。

 東海大相模・山村崇嘉の「怖さ」は、ファーストストライクをいとも簡単に、長打、本塁打にしてしまうことだ。あれならオレにもできるんじゃないか……見ていてそんな錯覚に陥るほど、実にあっさりと、実にさりげなく長打でランナーを一掃する。

 そんなバッターが2年生なのだから、来年が楽しみというより怖ろしい。

188cmのショート、岡本大翔の可能性。

 2年生なら、米子東・岡本大翔遊撃手(188cm85kg・右投右打)がどう変わっているかも興味深い。

 センバツでは、「全国」の緩急にビックリしているような打席での戸惑いぶりだったが、今は自分のリズムで打席に入り、打ってもヒットにならないボールは捨て、打ちたいボールだけを打ちたいように打っている。そんな印象の、伸びやかな打ちっぷりの予選に見えた。

 注目はフィールディングだ。これだけのサイズの遊撃手は、高校球界にはなかなかいない。今年はたまたま隣の「島根」に、田部隼人(開星)という186cm88kgのプロ注目の遊撃手がいた。

 予選で続けてみる機会を得たが、共に甲乙つけがたい動き。少なくとも、大きな体が邪魔になってはいない。むしろ、ダイナミックなアクションに精度も伴って、あとは一瞬のスピード、特に出足の鋭さが出てくれば。体に瞬発力を備えたい。

【次ページ】 例年にも増して打撃戦になる予感。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上広大
酒井隼平
西川僚祐
岡本大翔
相羽寛太

高校野球の前後のコラム

ページトップ