マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

今年の甲子園に漂う打撃戦の予感。
地方予選で見た本物の注目野手たち。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/04 11:50

今年の甲子園に漂う打撃戦の予感。地方予選で見た本物の注目野手たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

履正社・井上広大が本格化してきた。大阪の代表校は、常に甲子園では優勝候補である。

例年にも増して打撃戦になる予感。

「2年生の遊撃手」なら、静岡・相羽寛太遊撃手(177cm76kg・右投右打)もいる。

 フィールディングのスピード、柔軟であざやかな身のこなし、捕球姿勢が崩れても送球がブレないボディーバランス……素質的には、昨年の報徳学園・小園海斗遊撃手(現・広島)にも負けないフィールディングセンスの持ち主と見ている。

 いわゆる「かっこいい選手」だ。見るからにスマートなユニフォーム姿で、動かしてみても乱れが少ない。無駄な動作がなく、理にかなったメカニズムが備わっている証拠だ。

 タイミングが合えば、左中間最深部にライナーで放り込める瞬発力も隠し持って、名門・静岡のリードオフマンとして甲子園に斬り込む。

 さらに1年生なら、中京学院大中京・小田康一郎三塁手(170cm90kg・右投左打)の勝負度胸と長打力。そして、霞ヶ浦・飯塚恒介中堅手(175cm72kg・左投左打)のとっさにどんな動きでもできるバットコントロールと正確なスローイング、だろうか。

 挙げていこうと思えば、ここに挙げた選手たちの2倍も3倍もいる。

 今年の夏の甲子園は、例年にも増して壮絶な打撃戦になろう。

 その中で、さらに何人のスラッガー、テクニシャンが生まれてくることか。試合を重ねながら、甲子園で強くなるチーム。甲子園で上手くなる選手。必ず毎年現われる、予想外なヒーローの登場も楽しみにしたい。

高校野球が教えてくれた。

Sports Graphic Number 983

高校野球が教えてくれた。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上広大
酒井隼平
西川僚祐
岡本大翔
相羽寛太

高校野球の前後のコラム

ページトップ