“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

守護神になれなかった男のJデビュー。
FC琉球のGK猪瀬康介、不屈の魂。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/07/30 19:55

守護神になれなかった男のJデビュー。FC琉球のGK猪瀬康介、不屈の魂。<Number Web> photograph by Takahito Ando

流経大柏へ進学後、守護神としてのポジションまであと一歩と迫ったが、怪我などで果たせず。プロで心機一転、絶対守護神を目指す!

再びベンチ外になる可能性も……。

 水戸戦の後のアルビレックス新潟戦は石井が正GKとして出場し、猪瀬はベンチだった。水戸戦の様な巡り合わせはなかなかやってこない。カルバハルが復帰すれば、彼は再びベンチ外になる可能性も高い。

「GKは序列があるのは当然。それに一喜一憂してはいけないし、当然全員を超えていくつもりで毎日やらないと意味がありません。こうして試合に出られたからこそ、より意識づけしやすくなったし、この貴重な経験を絶対に無駄にしないために、常に準備を怠らない様にしたいです」

 猪瀬康介、18歳。

 常に2番手だった男の巻き返しのサッカー人生は、まだ幕を開けたばかり。

 彼がこれから示す道こそ……1人のプロフェッショナルとして重要な足跡となっていくと、筆者は期待している。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

猪瀬康介
FC琉球
樋口靖洋
流通経済大柏高校

Jリーグの前後のコラム

ページトップ