競馬PRESSBACK NUMBER

日本馬が久々のキングジョージ出走。
シュヴァルグランがエネイブルに挑む。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/07/26 07:00

日本馬が久々のキングジョージ出走。シュヴァルグランがエネイブルに挑む。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

2006年のキングジョージで父ハーツクライは3着に涙を飲んだ。13年越しの夢に万全を期して臨む。

相手はエネイブルなど強敵揃い。

「好天続きで芝が硬くなっているようなのでポリで追い切る事にしました。5ハロンから15-15程度で入って、ラスト3ハロンはしっかり追う。上々の動きを見せてくれたと思います」

 鞍上には「日本の坂路に比べると負荷がかからないようなので、しっかりやって欲しい」と言った上で、「でも、やり過ぎないようにして欲しい」と少々難しい注文をつけたと言う。その上で、「大体思った通りに乗ってくれた」という印象を満足そうな表情で語る。

 キングジョージVI世&クイーンエリザベスSはイギリス最大の2400メートル戦といっても過言ではないだけあって、好メンバーが揃う事は必至だ。

 凱旋門賞連覇のほか、ブリーダーズCターフも優勝し、一昨年には実際にこのレースをも制しているエネイブルや、前走のプリンスオブウェールズS(GI)を圧勝したクリスタルオーシャンなどを負かすのは簡単な事ではない。当然、陣営もそのあたりは心得ている。

「タフなレースになる事は間違いないでしょうね。でも、日本のトップホースの1頭として、僕は期待をしています」

 マーフィー騎手がそう言えば、友道調教師は次のように語る。

「まずはエネイブルを相手にどのくらいの競馬が出来るか。そして、この後は引き続きイギリスに残ってインターナショナルS(GI、8月21日、ヨーク競馬場)を予定しています。そのためにも良い競馬をしてくれる事を願っています」

 キングジョージVI世&クイーンエリザベスSは現地27日の午後3時40分、日本時間同日午後11時40分に発走予定。シュヴァルグランの走りに注目したい。
 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

シュヴァルグラン
エネイブル
オイシン・マーフィー

競馬の前後のコラム

ページトップ