野球善哉BACK NUMBER

高校野球で壊れた選手が絞り出した、
「楽しめたのは、高校1年が最後」。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/22 08:00

高校野球で壊れた選手が絞り出した、「楽しめたのは、高校1年が最後」。<Number Web> photograph by Kyodo News

2013年の甲子園に、木更津総合で出場した千葉貴央。彼は今も、黙々とリハビリを続けている。

「投げていても、全然楽しくない」

 しかし、甲子園で活躍したプロ野球選手のケースを強調して、球数制限の問題を小さく収めようとする行為が、プレイヤーズファーストの観点に立った、野球少年たちの未来を考えたものとは到底思えない。

 千葉のように苦しんでいる選手が実際にいて、そうした小さな声に耳を傾けることが、必要なのではないだろうか。

「試合で投げている自分はいつも痛みと戦っているだけで、バッターと対戦していると実感したことはなかった。いつも我慢しているだけで、だから……投げていても、全然楽しくない。本当に楽しめたのは、高校1年の秋が最後でしょうか。僕のようになってほしくないですね」

 千葉は苦境にある今の状況でも、恨み言を1つとして言わない。

 ただただ「変わってほしい」。そう願い、彼はケガとの戦いにたった1人で対峙している。

 今の高校野球界ができることは「変わる」ことだ。この好青年の小さな声であっても、届くような野球界であってほしいと願うばかりだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉貴央

高校野球の前後のコラム

ページトップ