JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島・伊藤翔が欠かさぬ予習と反復。
「カバーニ先生」に学び、実践する。 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/04/19 17:00

鹿島・伊藤翔が欠かさぬ予習と反復。「カバーニ先生」に学び、実践する。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

「和製アンリ」と呼ばれた伊藤翔は今、カバーニに学んでストライカーとして完全開花の時を迎えている。

理想形はこぼれ球を詰めたゴール。

 得点の理想形は「こぼれ球を詰めたゴール」。相手を抜いたり、空中戦で競り勝ったり、特別な能力がなくても、サボらず詰めることに集中し続ければ、必ずいつか点を取れる。

 一方、高度な技術を駆使しての得点力も持ち合わせる。第2節・川崎フロンターレ戦では、うしろから来たロングボールをピタッと止めてゴールへ流し込み、第4節・コンサドーレ札幌戦では、一対一でGKの動きをよく見てループシュートを決めた。

 伊藤自身、今後はどんなストライカーを目指すのか。

「ひとつ、この形でボールを持ったら必ず決めるという型を作りたいですね」

 試合に向けた予習と練習での反復。理想の選手像を目指して、今日もそれを欠かさない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤翔
鹿島アントラーズ
エディンソン・カバーニ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ