ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

マスターズがスマホを禁止する理由。
手動のスコアボードを見つめる興奮。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/20 08:30

マスターズがスマホを禁止する理由。手動のスコアボードを見つめる興奮。<Number Web> photograph by AFLO

マスターズの白いスコアボードはもはや名物。不便ではあるが、そこには伝統と風情があるのだ。

ウッズのスコアボードに爆発的な歓声。

 2019年4月14日。

 タイガー・ウッズが14年ぶりとなるマスターズ5勝目、11年ぶりのメジャー通算15勝目を飾った。ゴルフ史に残る一日は、夕方の悪天候予報を警戒して、上位の組も午前中にスタートする異例の形で始まったが、興奮の絶頂は今年もサンデーアフタヌーンにあった。

 最終組で首位の背中を2打差から追ったウッズが、上位のままプレーを続けると、上空を鉛色の雲に覆われたオーガスタナショナルGCは異様な雰囲気に包まれた。

 5万人近いと言われるパトロンは終盤、各ホールに陣取り、スーパースターがやってくるのを今か今かと待つ。その際、ウッズのスコアを把握する術はグリーン脇に設けられたあの巨大スコアボードしかない。目の前で展開される別の選手のプレーを横目に、アナログな速報板の動きの気配をつぶさに観察している。

 ウッズのスコア欄の看板が人の手で数字に入れ替えられる。すると、たちまち爆発的な歓声が沸き起こる。

 バーディだ!

 パーだ!

 リーダーのモリナリがダブルボギーだ!

 ついにトップに立った!

 コース内にそびえる複数のスコアボードは、手動ゆえ一斉に動くわけではない。その興奮と歓声が、数秒ずつのタイムラグを伴って各ホールのグリーン脇で爆発した。

ケプカ「最高の選手と戦えた」

 最終組のひとつ前の組でプレーしていたブルックス・ケプカは12番でダブルボギーをたたきながら、続く13番でイーグルを奪うなど終盤ウッズに食い下がった。

「タイガーへの歓声はいつだって大きい。彼が何かをしたとき、バーディだとか良いプレーをしたときは、いつも轟音が響く。(ケプカが優勝した昨年の)全米プロでもそれを聞いたし、ここでもそれを聞けた。ボードのスコアが目の前で動くたびに大きな声援があがった。その様子を見るのも、最高の選手と戦えたのも楽しかった」

 人々がみな、スマホのアプリではなく、巨大な速報版を見上げてその思いを同じにする。別のホールで起こっていることを想像し、大きな期待を抱き、固唾をのんで赤い字で記されたスコアの動きを待っていた。

【次ページ】 「みんなが電話を見ていないのはなんて良いことだろう」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

タイガー・ウッズ
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ