Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

“登りを楽しむ”というピュアな能力。
日本人クライマーの計り知れない強さ。 

text by

津金壱郎

津金壱郎Ichiro Tsugane

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/04/24 11:00

“登りを楽しむ”というピュアな能力。日本人クライマーの計り知れない強さ。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

W杯スイス大会出場前の記者会見。左から藤井快、楢﨑智亜、野口啓代、伊藤ふたば。

野口、楢﨑、藤井が語る今季の指針。

 日本代表チーム最年長の野口啓代も、あと1勝に迫るW杯ボルダリング最多勝利数の記録を「狙っていきたい」としながらも、今年の出場は「3戦か4戦にしようと考えていて。W杯でいい流れをつかんで、自信を持った状態で世界選手権に臨みたい」と、あくまで世界選手権へのステップのひとつとして捉えている。

安定した強さを見せた野口啓代は、W杯出場前に世界選手権も見据えた意気込みを語った。

 無論、彼らはW杯を調整の場と考えているわけではない。世界選手権に目標を置くことで精神的な余裕をもってW杯ボルダリングに臨め、それが高いパフォーマンスにつながっているようだ。

 マイリンゲンへの出発前に楢﨑智亜は、「なにかにとらわれずに常に自然な状態でいることが一番パフォーマンスを発揮できるとわかった。まわりの選手がどれだけ強いかという楽しみもありますが、それ以上に自分がどれだけいいパフォーマンスが出せるかの方に集中したい」と語っていたが、その言葉通りに開幕戦でポテンシャルを最大限に発揮していた。

男子日本代表を牽引する楢﨑智亜は、W杯でも変わらず能力の高さを発揮。

 藤井快も今季は世界選手権を意識して調整をしてきた。例年ならW杯開幕前はボルダリングのトレーニングをするだけだが、今年はスピードやリードの練習を積んだ。

「いままでと違う調整の仕方で未知の感覚ですけど、その分だけW杯ボルダリングへの気負いがない」

 楢﨑とともに日本チームを牽引する藤井の「気負いのない」姿が、日本代表男子チームのほかの選手たちにも好影響を及ぼしたからこそ、マイリンゲン大会での10位までのうち日本勢が7人も占めることになったのだろう。

これまでとは異なる調整でW杯に臨んだ藤井快も、順調なスタートを切った。

【次ページ】 伊藤ふたば「表彰台をねらって」。

BACK 1 2 3 NEXT

ページトップ