SCORE CARDBACK NUMBER

日本代表・正GKへ名乗り。
東口順昭に宿る守護神の資質。
~勝利を呼ぶ存在感が理想~

posted2019/04/13 15:00

 
日本代表・正GKへ名乗り。東口順昭に宿る守護神の資質。~勝利を呼ぶ存在感が理想~<Number Web> photograph by AFLO

3月22日のコロンビアとの親善試合(日産スタジアム)に先発出場した東口はファルカオのPKに鋭く反応したが。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 PKは言わば決められて当たり前だ。ゴールキーパーは10本のうち1本、2本でも止めれば、それが大仕事となる。

 先の日本―コロンビア戦。ゴールマウスを守った東口順昭は、ファルカオの一発を食い止められなかったことを歯ぎしりするほどに悔しがっていた。

「コースは合っていたんで、あとは外に出せれば……。何とか止めたかったんですけど」

 後半19分のPK、助走を一度止めるフェイントからゴール左に放たれた矢のようなファルカオのショットに反応。横っ飛びで左手に当てたものの、枠の外に弾き出せなかった。

 結局、このPKが決勝点となって0-1で敗れた。とはいえ、である。なぜ、止められる確率の低いPKのシーンを何度も振り返って、彼はため息をつこうとするのか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

東口順昭
ガンバ大阪

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ