SCORE CARDBACK NUMBER

「打たれることは当たり前」
吉川峻平は着々と爪を研ぐ。
~日本球界永久追放を受け入れてMLBへ~

posted2019/03/26 16:00

 
「打たれることは当たり前」吉川峻平は着々と爪を研ぐ。~日本球界永久追放を受け入れてMLBへ~<Number Web> photograph by KYODO

吉川は最速148kmの速球とシンカーが武器の長身右腕。フリー打撃にも登板、今季は2Aからのデビューとなる。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 日焼けした顔に、充実感が溢れていた。アリゾナ州スコッツデール。ダイヤモンドバックスのマイナーキャンプで汗を流す吉川峻平は、屈託のない笑顔で、数週間前にスタートしたばかりの新生活を振り返った。

「毎日が楽しいです。2月はアッという間。気が付いたら3月に入っていました」

 心身ともに完全にリセットしていた。昨年、ダイヤモンドバックスとの交渉過程で、日本野球連盟の規約に抵触していたことが判明。代表入りしていたアジア大会への出場を辞退した。その後、登録資格を剥奪され、事実上の「永久追放」となる処分を受けた。将来帰国する場合、2年間は日本のプロ球団と契約できない「田澤ルール」が適用される立場でもあり、厳しい逆風の中、太平洋を渡った。それほど、腹を括っていた。関大時代に日本代表に選出されたほか、社会人パナソニックではエースとして都市対抗などで活躍。昨年のドラフトでは、上位指名されることが確実視されていた。日本でプロ入りしていれば、環境や金銭面だけでなく、華やかなプロ1年目を迎えられたことをイメージしても不思議ではない。だが、吉川の考え方は違った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

アリゾナ・ダイヤモンドバックス
吉川峻平

MLBの前後のコラム

ページトップ