SCORE CARDBACK NUMBER

今年の3歳クラシック戦線は
2頭の“天才”の激突に注目。
~鞍上はルメール&デムーロの対決~

posted2019/03/02 17:00

 
今年の3歳クラシック戦線は2頭の“天才”の激突に注目。~鞍上はルメール&デムーロの対決~<Number Web> photograph by KYODO

2月の共同通信杯でアドマイヤマーズ(左)を破り3連勝を飾ったダノンキングリー。皐月賞の主役に躍り出た。

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

KYODO

 2歳チャンピオン、アドマイヤマーズ(牡3歳、父ダイワメジャー、栗東・友道康夫厩舎)が共同通信杯(2月10日、東京芝1800m、GIII)で2着に敗れ、連勝が4でストップ。とたんに父の血が取りざたされ、ダービー(5月26日、東京芝2400m、GI)は苦しい戦いになると囁かれてしまうのがクラシック戦線の厳しさだ。陣営も素早く対応して、今後のローテーションを皐月賞(4月14日、中山芝2000m、GI)からNHKマイルC(5月5日、東京芝1600m、GI)と定めた。ダービー断念とまでは言わなかったが、次走を一応の距離のピークとして、将来はマイル前後のカテゴリーの王者を目指そうという強い意思が伝わる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

アドマイヤマーズ
ダノンキングリー

競馬の前後のコラム

ページトップ