SCORE CARDBACK NUMBER

井上尚弥が最優秀選手賞に。
父、弟と成す「井上時代」。
~満票でMVP獲得、PFPも世界6位~

posted2019/02/26 08:00

 
井上尚弥が最優秀選手賞に。父、弟と成す「井上時代」。~満票でMVP獲得、PFPも世界6位~<Number Web> photograph by KYODO

井上は'19年2月号の『リング』で日本人初の表紙に。編集長曰く「世界中に認知されるべき偉大なチャンピオン」。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

KYODO

 日本ボクシングコミッション主催の、昨年の最優秀選手賞に井上尚弥が選ばれた。MVPにふさわしいのは井上以外に考えられなかったから、満票という記者投票の結果にほっとさせられた次第である。

 井上が昨年リングに立ったのは僅か2回だが、それでも“モンスター”ぶりを証明するには十分だった。5月にジェイミー・マクドネル(英国)を倒して自身3階級目となるWBA世界バンタム級王座を獲得。10月には世界最強決定トーナメント(WBSS)の初戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を一撃粉砕。この2戦はいずれも初回KO勝ちで、井上はKO賞にも選出されている。マクドネル戦が112秒、そしてパヤノ戦が70秒。短くても価値あるトータル182秒だった。とりわけパヤノ戦の右ストレートは井上にとっても会心の一撃と言っていいだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

井上尚弥

ボクシングの前後のコラム

ページトップ