SCORE CARDBACK NUMBER

アマ初、決勝での姉妹対決。
父は気を揉むも、好勝負に。
~女子ボクシング仲田姉妹、プロでは対戦禁止~

posted2019/01/30 16:30

 
アマ初、決勝での姉妹対決。父は気を揉むも、好勝負に。~女子ボクシング仲田姉妹、プロでは対戦禁止~<Number Web> photograph by Makoto Maeda

五輪種目となった'09年以降、日本女子ボクシングは出場すらできていない。仲田三姉妹は風穴を開けられるのか。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

Makoto Maeda

 兄が始めて、弟がそれに続く。今どき「兄弟ボクサー」は珍しくもなんともない。暮れには井上拓真が勝ち、暫定ながら兄・尚弥とともに兄弟世界王者の夢を実現させたばかりだ。亀田三兄弟や田中恒成・亮明もいる。

 一方でこんなことも起きる。拓真の6日前、長崎での全日本女子選手権大会(アマチュア)シニアのL・フライ級決勝のリングサイドは緊迫ムードが漂っていた。仲田幸都子(さとこ)と輪幸(りさ)の姉妹がこの階級の女王の座を賭けて直接対決したからだ。全国大会決勝での姉妹対決は今回が初めて。男子でも過去に例がない。

 プロでは公式戦で兄弟姉妹の対決は禁止されている。馴れ合いを恐れてではなく、真剣にやりすぎて残酷な殴り合いになることを避けたいからだ。四半世紀前('93年)の日本ストロー級王座決定戦で江口九州男(くすお)と勝昭の兄弟が戦い、これがなんとも凄惨な殴り合いとなり、以来肉親対決は禁止となったのである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

仲田幸都子
仲田輪幸

ボクシングの前後のコラム

ページトップ