オリンピックPRESSBACK NUMBER

日本テコンドーに濱田3兄弟あり。
兄・康弘は7連覇、真由は手術決断。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKoji Fuse

posted2019/02/23 09:00

日本テコンドーに濱田3兄弟あり。兄・康弘は7連覇、真由は手術決断。<Number Web> photograph by Koji Fuse

左から兄の濱田康弘、真由、弟の一誓。日本テコンドー界期待の星だ。

「濱田家を代表して行ってきます」

 手術する決心は、国内の最終代表選考会で来年2月に予定されていることでついた。1位になったら、開催国枠として東京五輪に出場できるという選考方法が発表されたからだ。4つの五輪階級のうち、どの階級が開催国枠になるかは未定ながら、メダルを獲る可能性を考えたら濱田本来の階級である女子-57kg級が選ばれる可能性は高い。

 濱田はそうなることを信じている。

「世界ランキングを稼ぐ必要もないので、すごく助かりました」

 濱田の兄弟は前述した一誓だけでなく、兄・康弘もテコンドーで活躍中。康弘は男子-74kg級で全日本7年連続優勝を果たし、世界選手権への出場切符を手に入れた。

「イギリスには濱田家を代表して僕ひとりで行ってきます」

 今回の手術とその後のリハビリについて濱田には頼もしいアドバイザーもいる。実は5年ほど前、一誓も股関節の手術をして復活した経験を持つ身なのだ。

「症状は僕の方が重かった。僕で良かったらアドバイスしたい。やっぱり僕にとっては真由さまなので(笑)。兄弟である一方で、テコンドーの先輩。競技に打ち込む姿勢は尊敬に値します」

 濱田3兄弟は揃って東京を狙う。

関連記事

BACK 1 2 3
濱田康弘
濱田真由
濱田一誓
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ