Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<独占インタビュー>
三原舞依「幸せな気持ちを伝えたい」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2017/05/30 16:30

<独占インタビュー>三原舞依「幸せな気持ちを伝えたい」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki
'16-'17シーズン、四大陸選手権を制するなど飛躍を遂げた三原舞依。難病を克服し、氷上に立てる喜びを表現する“氷上のシンデレラ”が、これまでの歩みを振り返り、幼い頃から夢見た五輪への思いを語る。

 駆け足で階段を上がった1年だった。

 シニアデビューを果たした2016-'17シーズン、三原舞依はGPシリーズデビュー戦のスケートアメリカで3位に入る。全日本選手権でも初の表彰台となる3位に輝くと、四大陸選手権では堂々の優勝。そして初めて出場した世界選手権では、ショートプログラム15位から圧巻の巻き返しで総合5位となり、スタンディングオベーションが沸き起こった。シーズン締めくくりの国別対抗戦まで、合計10大会に出場した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2698文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

三原舞依

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ