Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ブンデス9年目の葛藤>
長谷部誠「生き残るためには変わるしかなかった」 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byKai Sawabe

posted2016/02/12 06:00

<ブンデス9年目の葛藤>長谷部誠「生き残るためには変わるしかなかった」<Number Web> photograph by Kai Sawabe
ドイツで3つのチームを経験し、日本人選手の中で最も長く活躍し続けて来られたのには理由があった。変化に柔軟に、タフに挑んできた男の姿がここにある。

 1月18日夕方。冬空で日が陰るフランクフルト市内のスタジオに、長谷部誠が愛車で姿を現した。もう何年もドイツの冬を過ごしてきたからか、厳しい寒さにも動じない爽やかな表情で挨拶を交わした。

 この日は、彼の32歳の誕生日当日だった。日中に街中で気持ち程度のプレゼントを購入し手渡すと、「ありがとうございます。もうこの歳になると特別な日なんていう感覚はないですね」と、照れながら相好を崩した。

 日本代表の主将として常に背筋を伸ばし、真面目で誠実というのが彼のパブリックイメージである。一方、日本人選手ではブンデスリーガに最長年数(9シーズン)在籍し、あらゆる経験を積んできたこのMFが見つめる自分自身、そこにはきっとあまり明かされたことのない葛藤やギャップもあるに違いない。


 ドイツではヴォルフスブルクで優勝を経験し、ニュルンベルクでは2部降格も味わった。栄光と逆境を経た長谷部がここまでのキャリアでターニングポイントとして挙げたのが、あの「干された経験」だった。'12-'13シーズン開幕前、長谷部はイングランド・プレミアリーグに移籍する可能性があったが、結局ヴォルフスブルクに残留。しかし一度は移籍に傾きかけた長谷部を、当時のマガト監督は開幕戦以降8試合連続でベンチ外にし、完全にチームから切り離したのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3551文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

We got it!アジア王者、リオ五輪へ。

Sports Graphic Number 895

We got it!
アジア王者、リオ五輪へ。

 

長谷部誠
フランクフルト

海外サッカーの前後の記事

ページトップ