スポーツ仕事人BACK NUMBER

田中琴乃(新体操の美容コーチ)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2015/08/25 08:00

田中琴乃(新体操の美容コーチ)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

田中琴乃さん。

 華やかさを競う採点競技においてメイクは重要だ。選手たちの“美”をサポートする仕事人を発見した!

 新体操にとって、「眼力(めぢから)」は演技の魅力を伝えるうえで欠かせない要素だ。マットの大きさは13m×13mあり、審判員までは15mも離れている。その距離をものともせず、眼の輝きを届けなければならない。

 ただし、欧米の選手と比べると、どうしても日本人選手の顔は平たく見えやすい。それを補ううえで重要になるのがメイクだ。フェアリージャパン(新体操団体日本代表)のスポンサーである株式会社ポーラは、選手たちのために美容コーチを派遣している。普段からスキンケアやメイクの仕方を教え、試合当日に選手が自分でメイクをできるように指導するのだ。重要な大会では会場に赴き、メイクの仕上げを手伝うこともある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1258文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

体操の前後のコラム

ページトップ