SCORE CARDBACK NUMBER

溌剌とした相撲と無邪気さで、夏場所を大いに沸かせた阿炎。~相撲界では珍しいビッグマウスも注目~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/06/05 15:00

溌剌とした相撲と無邪気さで、夏場所を大いに沸かせた阿炎。~相撲界では珍しいビッグマウスも注目~<Number Web> photograph by KYODO

白鵬戦ではもろ手突きから休まず前に出続け、押し出しての大金星。「目立ったッス。最高です」と笑顔を見せた。

 稀勢の里、高安、豪栄道などの上位陣が休場するなか、栃ノ心の大関獲りが話題となった5月の夏場所。24歳の若手、前頭2枚目に番付を上げていた阿炎(あび)もまた、土俵を沸かせていた。

 6日目、初顔合わせの横綱白鵬を、もろ手突きで一気に土俵外に押し出す大金星。殊勲のインタビューでは、「お母さんに電話したいから、もう帰っていいですか?」。カメラマンにピースサインを見せるに至っては、「本人は気ままでいいけれど、師匠の私は気が気じゃない(笑)」

 元関脇寺尾の錣山(しころやま)親方を悩ませる無邪気な言動も、一躍注目の的となった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

阿炎

相撲の前後のコラム

ページトップ