SCORE CARDBACK NUMBER

史上初2000回騎乗を花道に!? 鉄人騎手、最後の14戦に注目。~106回の落馬を乗り越えた障害界のレジェンド林満明~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2018/03/04 07:00

史上初2000回騎乗を花道に!? 鉄人騎手、最後の14戦に注目。~106回の落馬を乗り越えた障害界のレジェンド林満明~<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

林とアップトゥデイトはコンビ通算16戦6勝。'15年の中山大障害勝利。今春は絶対王者オジュウチョウサンに挑む。

 世界に通用するホースマン育成を目的として'82年にJRAが開校した競馬学校。その騎手課程の第1期卒業生は12人いたが、いまも現役で活躍しているのは、柴田善臣と林満明の2人だけとなった。競馬界の顔となって久しいあの武豊が後輩の3期生なのだから、1期生が刻んできたキャリアは重い。

 林騎手は満51歳。若い頃は50kgを割り込むような軽い斤量も楽々こなせる小柄な身体を生かして平地戦でも活躍していたが、いつしか障害戦との二刀流となり、'12年からは平地の免許を返上して障害戦一本に絞った。'97年に記録した年間18勝は、障害戦における史上最多。平地競走の1割に遠く満たないレース数しかないことを思えば、とてつもない数字と理解してもらえるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 590文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>平昌五輪 2018総集編17日間の神話。
林満明
アップトゥデイト

競馬の前後の記事

ページトップ