SCORE CARDBACK NUMBER

「まるでファミコンのよう」打撃2冠・スタントンの成長。~イチローも驚く異様なペースのホームラン~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/10/16 16:30

「まるでファミコンのよう」打撃2冠・スタントンの成長。~イチローも驚く異様なペースのホームラン~<Number Web> photograph by KYODO

50号の大台に到達したのは2013年オリオールズのデービス以来。今年3月には、アメリカ代表でWBCに出場した。

 マーリンズの主砲ジアンカルロ・スタントンが、59本塁打、132打点の成績で、ナ・リーグ打撃2冠のタイトルを獲得した。60号到達への期待が高まっていた10月1日の公式戦最終戦では、1打席でも多く立てるようにとの配慮から、マッティングリー監督が「1番右翼」で起用。結果的に、全5打席で本塁打は打てなかったものの、豪快な空振り三振に倒れた直後は、本拠地マイアミのファンがスタンディングオベーションで出迎え、スタントンもカーテンコールで応えるなど、「消化試合」を注目の一戦にする話題となった。

「最後に本塁打は打てなかったが、とてもクールな瞬間だったね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 614文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強は俺たちだ。~秋競馬GI頂上決戦~
マイアミ・マーリンズ
ジアンカルロ・スタントン

MLBの前後の記事

ページトップ