SCORE CARDBACK NUMBER

マーリンズを買収するのはジーター派か、グラビン派か。~イチローとも親交のあるジーターが買えば……~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/06/12 08:00

マーリンズを買収するのはジーター派か、グラビン派か。~イチローとも親交のあるジーターが買えば……~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

メジャー屈指の強打者スタントン。昨季は119試合で打率.240、27本塁打、74打点。今年のWBCは米国代表で出場。

 低迷の続くマイアミ・マーリンズの球団買収問題が、最終段階に入った。昨シーズン途中からうわさ話は絶えなかったが、開幕後から交渉が本格化。5月18日には、ニューヨークで行われたオーナー会議後、コミッショナーのロブ・マンフレッド氏が記者会見を行い、現在の進捗状況について説明した。

「少なくとも2つのグループの入札者がおり、入札額ではほぼ並んでいる。交渉は進展しており、あとは球団と入札者次第だ」

 現時点で、売却先の有力候補として挙げられているのが、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の次男で、元フロリダ州知事のジェブ・ブッシュ氏とヤンキースの主将として活躍したデレク・ジーター氏のグループ。さらに、マサチューセッツ州のビジネスマン、タッグ・ロムニー氏と野球殿堂入りしている名左腕トム・グラビン氏(元ブレーブス)のグループが、売却金13億ドル(約1443億円)を基本線に、現オーナーのジェフリー・ロリア氏と折衝を進めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 484文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表 35人の物語。

Sports Graphic Number 928

サッカー日本代表 35人の物語。

 

マイアミ・マーリンズ

MLBの前後の記事

ページトップ