SCORE CARDBACK NUMBER

全日本の宮原が殊勲賞。'17年は20代が
主役になる!~ギラつくプロレスの
中心はやはりオカダ・カズチカ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2017/01/02 17:00

 2017年は、20代のチャンピオンがリングを闊歩。口うるさいベテラン勢を蹴散らし、「我々の時代だ!!」と叫ぶ期待感を抱かせる1年になる。

 レスラーの高齢化は、時代の趨勢として仕方ないにしても、やはりプロレスは若さが売り物。スピードとギラつく躍動感があってこそ、繁栄と未来性がある。

 その軸となるのは、29歳の新日本IWGPヘビー級王者、オカダ・カズチカだ。1月4日には東京ドームでケニー・オメガの挑戦を受け、2度目の防衛戦を控える。この勝敗に関わらず、バトル戦線は彼を中心に展開されるはずだ。


 曙、潮崎豪ら主力選手の離脱で揺れ動いた全日本は、健介オフィス出身で27歳の三冠ヘビー級王者、宮原健斗が'16年のプロレス大賞で初の殊勲賞を獲得したことが、老舗復活への明るい材料となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 605文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

全日本プロレス
宮原健斗
中嶋勝彦
オカダ・カズチカ

プロレスの前後の記事

ページトップ