SCORE CARDBACK NUMBER

昨年のドラ1桜井俊貴が自分を取り戻す
ために。~巨人1年目でケガ、突き詰める
べきはその原因~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2016/12/21 09:00

 ほんの1年前、ジャイアンツからドラフト1位で指名され、スポットライトを浴びていた桜井俊貴は、契約更改の場で、結果を残せなかったプロ1年目のシーズンをこう振り返った。

「ケガをしたのがすべてです。1年間、一軍で投げられなければこういう結果になる。来シーズンは開幕からローテーションに入って、2ケタ勝利を目指します」

 2年目の年俸は20%ダウンの推定1200万円。背番号21は移籍してきた吉川光夫に譲り、36番を背負うことになった。一軍での登板が1試合とあっては、返す言葉もない厳しい処遇である。

「しょうがないと思ってます。一軍で投げてませんし、結果も出てない。まさか序盤で離脱するとは思いませんでした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

読売ジャイアンツ
桜井俊貴

プロ野球の前後のコラム

ページトップ