SCORE CARDBACK NUMBER

“内山の弟分”からの飛躍。試練のW世界タイトル戦。~河野と宮崎が主役として一本立ちするために~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/08/22 09:00

“内山の弟分”からの飛躍。試練のW世界タイトル戦。~河野と宮崎が主役として一本立ちするために~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

メインカードに抜擢された田口良一(右)は、「メインは内山さんの席」と戸惑いを見せた。

 この4月まで、現役の世界チャンピオンを3人も抱え、わが世の春を謳歌していたワタナベジム。核になる内山高志がKO転落で無冠に追われてしまったのは意外だった。残る2人の王者が、8月31日、東京・大田区総合体育館で行われるWBA公認の「ダブル世界タイトルマッチ」で、揃って4度目の防衛戦に臨む。

“亀田を破った男”河野公平は倒し屋で鳴る暫定王者ルイス・コンセプシオンをパナマから迎え、保持するスーパーフライ級王座を賭ける。一方、ライトフライ級王者田口良一は、関西から元WBAミニマム級王者宮崎亮の挑戦を受ける。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 678文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園 最強打者伝説。

Sports Graphic Number 908・909・910

甲子園 最強打者伝説。

 

ワタナベジム
内山高志
河野公平
ルイス・コンセプシオン
田口良一
宮崎亮

ボクシングの前後の記事

ページトップ