SCORE CARDBACK NUMBER

五輪復活の理想と現実。代表HCが抱く不安とは。~丸山茂樹は選手の環境を整えられるか~ 

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2016/04/18 08:00

五輪復活の理想と現実。代表HCが抱く不安とは。~丸山茂樹は選手の環境を整えられるか~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

日本人最高の世界ランク14位(4月6日現在)にいる松山はリオ五輪でメダルを期待される。

 今年はリオ五輪でゴルフが112年ぶりに復活する。昨年、日本代表ヘッドコーチに就任しただけに何とかしたいという責任を感じている。理想は日本選手が表彰台に上がり、盛り上がって、東京五輪の時に想像を絶するギャラリーがきてくれること。今回はランキングトップから400位くらいの選手が参加することが予想され、世界ランク1位のジェイソン・デイ(豪州)、3位のローリー・マキロイ(アイルランド)も出場に前向きだと聞く。上位と下位のレベル差が大きいだけにメダル争いは実質、20人くらいに絞られそうだ。日本選手にもチャンスはある。例えば、松山英樹がメダルを取ってくれれば、ゴルフが再び注目されるという期待は持っている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ゴルフの前後のコラム

ページトップ