SCORE CARDBACK NUMBER

男女の“人気差”は事実か? テニス界が抱える課題。~ジョコビッチ舌禍事件の裏にある複雑な事態~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/04/11 06:00

男女の“人気差”は事実か? テニス界が抱える課題。~ジョコビッチ舌禍事件の裏にある複雑な事態~<Number Web> photograph by AFLO

パリバOPの女子単決勝で敗れたセリーナ(左)と、問題発言をしたレイモンド・ムーア。

 3月のBNPパリバ・オープンで主催者の発言が選手たちの怒りを買い、大炎上した。大会ディレクター(当時)のレイモンド・ムーア氏は、メディアの前でこう発言したという。

「女子は男子テニスの人気にただ乗りしている。私が女子選手なら、フェデラーやナダルがいてくれたことに、毎晩ひざまずいて感謝するだろう」

 これにセリーナ・ウィリアムズは「ひどい間違い。とてもとても杜撰な意見」と猛反発。男女同権問題に敏感なテニス記者たちも一斉に批判した。ムーア氏は謝罪したが、ノバク・ジョコビッチのコメントが火に油を注いだ。彼は同氏の発言を批判、また「男女同額賞金を勝ち取った女子ツアーを賞賛する」としながら、一方で「男子の方が集客力があることが統計で分かっている。我々はもっともらうべきだと思う」と話したという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 550文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

巨人×阪神 セ界を変えろ!

Sports Graphic Number 899

巨人×阪神 セ界を変えろ!

 

ノバク・ジョコビッチ
セリーナ・ウィリアムズ

テニスの前後の記事

ページトップ