SCORE CARDBACK NUMBER

米で「年間最高試合」に。三浦隆司と日本人の評価。~ラスベガスで戦う、ということの意味~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2016/01/25 08:00

米で「年間最高試合」に。三浦隆司と日本人の評価。~ラスベガスで戦う、ということの意味~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

敗れた三浦(左)だが最新の世界ランキングで同級1位をキープ。リベンジの機会を窺う。

 昨年、米国で一番名を上げた日本人ボクサーといえば、三浦隆司以外にいない。現地時間11月21日、本場ラスベガスのリングに立ち、WBC世界スーパー・フェザー級王座5度目の防衛戦でメキシコのフランシスコ・バルガスにTKO負け。タイトルを奪われ傷心の帰国となったが、この試合が大きな反響を呼んだ。暮れに「スポーツ・イラストレイテッド」誌をはじめ、ESPN局やUSAトゥデー紙、「リング」誌といった米国メディアが「年間最高試合」にこの試合を選び、全米ボクシング記者協会の「年間最高試合」にもノミネート。日本人選手の試合ではこれまでになかったことで、三浦にとっては大きな勲章だろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

“エディー後”のジャパン。~特集 日本ラグビー「再生」~
三浦隆司
内山高志

ボクシングの前後の記事

ページトップ