SCORE CARDBACK NUMBER

観客の心を掴んだIPTL、進化に必要な“生々しさ”。~エキシビションの楽しさと公式戦の残酷さ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/01/08 08:00

観客の心を掴んだIPTL、進化に必要な“生々しさ”。~エキシビションの楽しさと公式戦の残酷さ~<Number Web> photograph by KYODO

IPTLには、ジョコビッチやフェデラーらの現役に加えて、引退したレジェンドも参戦した。

 男女の新旧スターによるエキシビションマッチ、IPTL日本ラウンドを取材した。神戸大会には錦織圭、マリア・シャラポワら豪華メンバーが参加した。セリーナ・ウィリアムズの来日は13年ぶりだとか。マラト・サフィンなどOB連中の登場も会場を沸かせた。

 楽しんだという声が多いようだ。試合進行にスピード感があり、趣向をこらしたマッチアップが次々に見られた。独自ルールがゲーム性を高めていた。しかも、ニック・キリオスが「負けず嫌いだから、どうしても勝ちたくなってしまう」と話したように“本気度”もそれなり。プレッシャーのない分、派手なショットも多かった。選手の一挙手一投足が観客の視線を集め、心を捉えたように見えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

挑戦者たち。~2016年の16人~

Sports Graphic Number 893

挑戦者たち。
~2016年の16人~

 

錦織圭
マリア・シャラポワ
セリーナ・ウィリアムズ

テニスの前後の記事

ページトップ