SCORE CARDBACK NUMBER

ついに開花したハーパーは真のスーパースターになれるか。~MLB4年目に手にした勲章の価値を証明するために~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/12/12 16:30

ついに開花したハーパーは真のスーパースターになれるか。~MLB4年目に手にした勲章の価値を証明するために~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

16歳で『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙を飾り野球界の選ばれし者と紹介された。

 23歳の若きスラッガーが、ついに大きく開花した。ナショナルズの主砲、ブライス・ハーパーが、メジャー4年目の今シーズン、数々の勲章を手に入れた。打率3割3分、42本塁打、99打点とすべてに自己ベストをマーク。本塁打王をはじめ、リーグMVP、さらに今季から新設されたMLB賞では、ベスト・メジャーリーガー、ベスト・レギュラーの2冠に輝くなど、押しも押されもせぬスーパースターの仲間入りを果たした。

 2010年、ドラフト全体1位でプロ入りする以前から、希代の長距離砲として知られてきた。デビューした'12年からオールスターに出場し、新人王に選出されるなど、ナショナルズの主軸として順当にスター街道を歩んできた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ワシントン・ナショナルズ
ブライス・ハーパー

MLBの前後のコラム

ページトップ