SCORE CARDBACK NUMBER

天才スイマー復活の第一歩。萩野公介が見せた成長。~スマートから脱皮して、必死さとともに~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2015/12/09 06:00

天才スイマー復活の第一歩。萩野公介が見せた成長。~スマートから脱皮して、必死さとともに~<Number Web> photograph by Takao Fujita

「あとは上がっていくだけ」と語った萩野。来年に迫ったリオ五輪に向け、視界は良好だ。

 6月末に右ひじを骨折し、今夏の世界水泳選手権(ロシア)を欠場したロンドン五輪銅メダリストの萩野公介(東洋大)が、リオデジャネイロ五輪での金メダル獲得へ向け、再出発レースで確かな足掛かりをつかんだ。

 11月20~23日に行なわれた東京SC招待公認記録会で、6月14日の欧州GPモナコ大会以来、5カ月ぶりにレースに復帰。4日間で7種目の予選と決勝の計14レースを泳ぎ切り、6冠に輝いた。

 マルチスイマーらしい復帰戦だった。初日に400mと100mの自由形を制して試運転を終えると、2日目には200m個人メドレーで1分59秒38をマーク。軽々と2分を切ってみせ、「小さくガッツポーズですね」と自画自賛した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

萩野公介
瀬戸大也

水泳の前後のコラム

ページトップ