SCORE CARDBACK NUMBER

プレジデンツカップの興奮で感じた日本男子ツアーの問題。~入場料収入の欠如、コースセッティング、選手のレベル~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/10/27 08:00

プレジデンツカップの興奮で感じた日本男子ツアーの問題。~入場料収入の欠如、コースセッティング、選手のレベル~<Number Web> photograph by AFLO

プレジデンツカップに参戦した松山は3日目に地元韓国のベ・サンムンとタッグを組んだ。

 10月初旬、韓国で開催されたザ・プレジデンツカップ(米国選抜対世界選抜)は、劇的なエンディングだった。両チームが大接戦を繰り広げ、最終マッチの韓国のベ・サンムンと米国のビル・ハースの勝敗の行方がそのままチーム優勝になるポイント争い。その最終ホール、ベ・サンムンの第3打のアプローチが痛恨のミスとなり、1ポイント差で世界選抜が優勝を逃した。

 この大会は、これまで米国、オーストラリア、南アフリカ、カナダで開催されている。今回は韓国だったが、日本にも打診があったらしい。だが、その規模や、イベントにかかる総経費を補うだけのスポンサー集めなどから断念したという。韓国では、連日2万人を超えるギャラリーが集まり、朴槿恵大統領や米国のブッシュ元大統領もセレモニーに出席して、大会を盛り上げていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

翔けよ、世界へ。~日本競馬 最強への軌跡~
ベ・サンムン
ビル・ハース

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ