Number on NumberBACK NUMBER

ロシアの15歳ザギトワ。~メドベデワが君臨するパワーバランスを壊すのか~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/02/20 06:00

ロシアの15歳ザギトワ。~メドベデワが君臨するパワーバランスを壊すのか~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

ザギトワは、2月12日の平昌五輪団体女子フリーで、自己ベストを更新する世界歴代2位の158.08を記録した。

 平昌五輪のフィギュアスケート女子は2月21日にショートプログラム、23日にフリーが行われる。金メダル候補と言えば、昨年11月まではロシアのエフゲニア・メドベデワが、絶対的な筆頭候補だった。

 だが昨年11月11日、グランプリシリーズのNHK杯で優勝したあと、ロシアスケート連盟は、メドベデワの右足甲の骨にひびがあったことを公表した。出場を目指したものの、12月のグランプリ・ファイナルとロシア選手権は欠場となった。それでも'18年1月の欧州選手権と、その後の平昌五輪には間に合うものと見られていたため、世界選手権を2連覇中で、'17年4月の世界国別対抗戦では歴代最高得点となる241.31点を記録したメドベデワの優位は変わらないのではないか、というのが妥当な見解だったように思う。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

アリーナ・ザギトワ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ