Number on NumberBACK NUMBER

予選通過の厳しさ。~日本を取り残す陸上界の長足の進歩~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/10/06 06:00

予選通過の厳しさ。~日本を取り残す陸上界の長足の進歩~<Number Web> photograph by AFLO

日本からただ一人、男子400メートルに出場した金丸祐三は、「レベルが異常。世界も進化している」と危機感を露わにしていた。

 世界陸上選手権北京大会において、日本勢はメダル1、入賞2という、予測を大きく下回る成績に終わった。メダルは50km競歩の谷井孝行(銅メダル)、入賞は同じく50km競歩の荒井広宙(4位)と女子マラソンの伊藤舞(7位)。トラック種目や跳躍種目、投てき種目で8位以内の入賞はゼロに終わったのである。

 残念な結果と言えばもちろんその通りだが、今大会の記録全般を見ていくと、2年前のモスクワ大会と比べて、予選通過ラインが、著しく上がってしまった種目が多いことも事実だ。中でも日本勢に有力選手がいたいくつかの種目で、予測ができなかったほど、全体のレベルが上がっていて、有力選手が予選落ちした例が目立った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。

陸上の前後の記事

ページトップ