NumberEYESBACK NUMBER

世界卓球で大躍進の日本勢。13歳・張本智和の可能性。~2年で身長が15cm伸びる、というリアル成長期~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/06/15 16:00

世界卓球で大躍進の日本勢。13歳・張本智和の可能性。~2年で身長が15cm伸びる、というリアル成長期~<Number Web> photograph by KYODO

水谷を破った張本はシューに敗れた後も、「2、3年後は勝てるかも」と強気のコメント。

 5月29日から6月5日までドイツで行なわれた世界卓球選手権で、日本が金を含むメダル5個を獲得する大躍進を遂げた。混合ダブルスの吉村真晴&石川佳純ペアの金メダルを筆頭に、銀1つ、銅3つ。国際ペアのメダルを含めて6個だった'75年大会以来となる空前のメダルラッシュだった。

 その中で、メダルにこそ手が届かなかったものの最大級の注目を浴びたのが、史上最年少の13歳で日本代表に選ばれた男子シングルスの張本智和(エリートアカデミー)だ。

 代表合宿で全体練習前の30分間に毎日行った弱点克服のための個別トレーニングが実り、1回戦を4-0で難なく突破すると、2回戦ではリオ五輪銅メダルの日本のエース・水谷隼に4-1。その後もバックハンドで強烈な横回転をかける「チキータ」を武器に次々にポイントを奪い、圧勝続きでベスト8に進出した。13歳での8強入りは男女シングルスを通じて大会史上最年少の快挙で、世界に衝撃を巻き起こした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 473文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
張本智和

他競技の前後の記事

ページトップ