ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

遍路道を自ら歩いて綴った、自然描写豊かなエッセイ集。~歩いてみたい、と思ったことありますか?~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/06/14 10:00

遍路道を自ら歩いて綴った、自然描写豊かなエッセイ集。~歩いてみたい、と思ったことありますか?~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『四国遍路』辰濃和男著 岩波新書 800円+税

「巡礼」と聞くと、反射的に浮かぶ連句がある。「順禮死ぬる道の陽炎」弟子・曲水のこの句に芭蕉は「何よりも蝶のうつゝぞ哀れなる」とつけた。四国遍路に特定して詠んだのではないが、イメージは強烈だ。四国一周、千数百キロ、霊場八十八カ所巡りのウォーキング。江戸の昔、巡礼の道に倒れた人は少なくなかったろう。いまブームのお遍路さんはどうなっているのだろうか。

 著者は新聞記者時代に記事を書くため遍路道の半分を歩き、残り半分は仕事を離れて歩き結願(けちがん)を果たした。それから24年、70歳を前に、再び遍路道に立った。自分の時間を売る「勤め」は卒業した。これからどう生きていくかを自分に問いながら歩こうというのだ。徳島の一番札所から時計回りの「順打ち」、その歩みのなかで日々思い感じたテーマを31篇に綴る。それぞれの1篇が長いコラム・スタイルで書かれた。「食べる」「泊まる」「哭く」「死ぬ」等々。興味を引く表題を選んで順不同で読める。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 522文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表 35人の物語。

Sports Graphic Number 928

サッカー日本代表 35人の物語。

 

辰濃和男

他競技の前後の記事

ページトップ