ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

目の前の常識は、どの範囲での常識か?~18カ国でプレーした日本人サッカー選手の半生記~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/02/29 09:00

目の前の常識は、どの範囲での常識か?~18カ国でプレーした日本人サッカー選手の半生記~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『自分を開く技術』伊藤壇著 本の雑誌社 1500円+税

 日本、シンガポール、モンゴル、インド、ブルネイ、香港、ブータンなどアジア18カ国でプレーした流浪のサッカープレイヤーをあなたは知っているか?

 彼の名は、伊藤壇。その張本人が初めて書いた『自分を開く技術』は、「アジアの渡り鳥」の半生記であり、自身の可能性をどうやって他者に売り込み、食べていくのかという究極のサバイバル本だ。


 '75年生まれの伊藤は仙台大を経て、ブランメル仙台に入団。ところがチーム加入後の2年目、寝坊で練習に遅刻してしまい、その謹慎後に解雇されてしまう。まあ、ここまで読むだけでは自業自得だと思う読者が多いだろう。世の中そんなに甘くない。ところが、伊藤はそこでサッカーを諦めないのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 342文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

SUPER RUGBY 2016

Sports Graphic Number 896

SUPER RUGBY 2016

 

海外サッカーの前後の記事

ページトップ