ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

氷の世界で飢餓と戦い、生き抜いた
28人の冒険記。~9カ月の漂流で隊員を
統率しきった見事なリーダーシップ~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/11/30 16:30

氷の世界で飢餓と戦い、生き抜いた28人の冒険記。~9カ月の漂流で隊員を統率しきった見事なリーダーシップ~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『エンデュアランス号漂流記』アーネスト・シャクルトン著 木村義昌・谷口善也訳 中公文庫 781円+税

 南極点への先陣争いはノルウェー隊が勝利し、敗れたイギリス隊は帰還中に全員が遭難死した。その2年後の1914年、すでに2度の南極探検を経験していたシャクルトンは、「のこされた一大目標」、南極大陸横断に挑んだ。「だがわれわれはこの目的に失敗した。本書はそのときの探検物語である」。

 28人の探検隊を乗せたエンデュアランス号は、氷海に捕まり立往生し、彼らは南極大陸に上陸すらできなかった。流氷に囲まれた9カ月の漂流。途中で船は氷の圧力に押しつぶされる。危険な浮氷上で3カ月もの過酷なキャンプを強いられたシャクルトンは、150km離れた無人のエレファント島への脱出を決断する。犬は射殺して食料とし、一行は3艘の救命ボートに分乗、氷の海を必死に漕ぎ続け、島に到着した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~
アーネスト・シャクルトン

他競技の前後の記事

ページトップ