ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

戦時下で野球の存続を願い、苦闘した人々を描く群像劇。~「敵性競技」が遭遇した、想像を絶する状況~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/09/08 09:00

戦時下で野球の存続を願い、苦闘した人々を描く群像劇。~「敵性競技」が遭遇した、想像を絶する状況~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『背番号なし 戦闘帽の野球』山室寛之著 ベースボール・マガジン社 2300円+税

 戦時下の野球は、「ストライク・ワン」を「よし1本」などとする奇妙な訳語でやった。選手が手榴弾投げ競争をした。後楽園球場の外野は芋畑になった。そして、沢村栄治の戦死や映画化された石丸進一の特攻……こんな話が浮かんでくる。本書はそんな苦難の時代、職業(プロ)野球誕生の昭和11年(1936)から敗戦の焦土の中で野球が復活した昭和21年(1946)までを語る。プロ野球だけでなく、中等学校(高校)野球、大学野球にも目を配って、“敵性競技”の圧力に抗して「野球を続けよう」と苦闘した人たちの野球史群像劇だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Rio 2016 Review>熱狂のリオ。

Sports Graphic Number 2016/9/9特別増刊

<Rio 2016 Review>
熱狂のリオ。

 

山室寛之
沢村栄治
石丸進一

プロ野球の前後の記事

ページトップ