ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

ホンダが世界一になるまでの男達の奮闘を描いた「F1事始」。~1962年に本田宗一郎がF1挑戦をはじめたとき~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/06/12 17:00

ホンダが世界一になるまでの男達の奮闘を描いた「F1事始」。~1962年に本田宗一郎がF1挑戦をはじめたとき~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『F1 地上の夢』海老沢泰久著 朝日文庫(重版未定・長期品切れ Kindle版あり)

 オートバイレースで世界を制したホンダ=本田宗一郎はF1レース挑戦を宣言した。「かつてF1で知られたいかなるメーカーも匹敵することのできない性能のエンジン」を作り世界の頂点を目指すというのだ。まだ、市販車も作っていない'62年のことだ。ホンダは手本になるF1カーを手に入れていたが、そのエンジンをうまく動かすことすらできなかった。本書は、そんなホンダの技術者たちが世界の頂点に立つまでの年代記、「F1事始」だ。主人公はエンジンを開発しレースの監督をも兼ねた歴代技術者たち。ホンダのバイクが外国で戦う短編映画に刺激された者。戦時中の戦闘機エンジン設計者から倒産したオート三輪会社をへて加わった者。面接で「レースをやらせてくれるなら」といった者。彼らは、“おやじ”本田宗一郎と同様にレースの夢に憑かれていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 531文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

MLB2016イチロー未踏の地へ。

Sports Graphic Number 903

MLB2016
イチロー未踏の地へ。

 

F1の前後の記事

ページトップ