球道雑記BACK NUMBER

ロッテ有吉優樹の探究心が濃すぎる。
トレイルラン、地球の自転を勉強。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/02/17 09:00

ロッテ有吉優樹の探究心が濃すぎる。トレイルラン、地球の自転を勉強。<Number Web> photograph by Kyodo News

2年目の昨季、有吉は29試合登板で6勝5敗、防御率3.74。2019年は先発として飛躍できるか。

前はただのスローボールだったが。

「前のカーブがしょぼかったので(笑)、カーブって呼べるものじゃないし、ただのスローボールって感じで使っていたので。そういう意味ではカーブがもっと良くなれば……とは、ずっと思っていたんですけど、先発を任されるのであれば特に緩急が大事になってくると思うので、その点は良かったですね」

 この進化したカーブが加わることで、投球の幅はさらに広がる。昨年のシーズン終盤は緩急の重要性を改めて感じていただけに間違いなくプラスに働くはずだ。今年は自身初の2桁勝利にも期待がかかる。

 プロ1年目のキャンプは連日ブルペン入りし、そのタフネスが話題にもなった。だが、今年は先発を任されることもあり、キャンプの過ごし方も若干変わっている。

「あのときは『中継ぎで行くよ』と言われていたので、そういった調整をしていました。だけど今年は、毎日ブルペンに入るわけではないので、自分の中でもやりたいことがやれている感じはしています。そこは凄く良いかなって思っていますね」

年齢的には中堅だけど。

 社会人時代から1月からブルペンに入り、肩を仕上げていくタイプ。2月1日に紅白戦を行なう井口資仁監督の方針にも無理することなく対応できている。だからこそ紅白戦に向けて仕上げるのではなく、今まで通りやっていく中で、新任の吉井理人ピッチングコーチの考えもしっかり理解し、ここからシーズン開幕への準備を着々と進めていこうとしている。

「通過点ではないですけど、ただ2月1日に実戦があるという考えです。いつでも投げられるという考えに変わりはないですから」

 そんな今年の有吉からは、ルーキーイヤーから3年連続2桁勝利を挙げた時の石川のような匂いも感じる。それを「風格」とでも言うべきか。

 そのことを伝えると、彼はこんな風に切り返した。

「僕の場合は年齢的にもう中堅に入りますし、年下の選手もいっぱい入ってきた。“年下の子には負けないぞ”って気持ちでやっているし、これまでとは違う目で見られる部分もあるでしょうね。だけど、自分はまだまだと感じますし、もちろん自分で(風格を)出している感じでもないですよ」

 そう言うと顔をクシャッとさせ、屈託のない笑みを浮かべた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
有吉優樹
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ