SCORE CARDBACK NUMBER

大谷翔平、リハビリは順調でも
開幕復帰が難しい理由。
~アメリカのスポーツ医学にすら前例がない挑戦~

posted2019/02/15 06:00

 
大谷翔平、リハビリは順調でも開幕復帰が難しい理由。~アメリカのスポーツ医学にすら前例がない挑戦~<Number Web> photograph by AFLO

1月26日に行なわれた新人賞の授賞式に出席した大谷。流暢な英語のスピーチとジョークに会場も盛り上がった。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

AFLO

 たとえ、身体が万全であっても、高いレベルで「二刀流」を追い求めることは簡単ではない。しかも、故障明けであれば、尚更、一筋縄ではいかない。メジャー2年目。エンゼルス大谷翔平が、また新たな高いハードルに挑むことになった。

 デビューイヤーとなった2018年、投手として100マイル(約161km)を超える速球を投げ、打者としても飛距離140m級の本塁打を放ち続けたことで、大谷はメジャー球界の常識を変えた。その代償かどうかはともかく、公式戦終了直後、「トミー・ジョン」と言われる右肘靱帯(じんたい)の移植手術を受けることになった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大谷翔平

MLBの前後のコラム

ページトップ