野球クロスロードBACK NUMBER

浅村栄斗はフルスイング+頭脳野球。
山崎武司に似たスラッガーの匂い。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byGenki Taguchi

posted2019/02/14 17:30

浅村栄斗はフルスイング+頭脳野球。山崎武司に似たスラッガーの匂い。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

ロングティーで快音を響かせる浅村栄斗。4年で30億超とも言われる年俸に見合った働きができるか。

山崎武司と野村監督の出会い。

 37歳だった'06年、監督に就任した野村克也に「技術だけでプロで生き抜くのには限界がある。頭を使えばまだまだやれる」と諭され考えを改めた山崎は、この翌年に43本塁打をマーク。タイトルを獲得するなど27年間の現役を全うした。プロ野球歴代18位の通算403本塁打を記録したスラッガーは、しみじみとこんなことを語っていた。

「野村さんに出会って、俺の野球人生は変わった。頭を使わなかったら、あんなに長く楽天でプレーできていない。とっくの昔にユニフォームを脱いでいただろうね」

 浅村は、それこそ山崎のような唯一無二のスラッガーとして期待され、楽天に移籍してきた。

 それは、彼自身が最も理解していることだ。

「優勝は絶対にしたいですけど、自分としても強烈な成績を残すことしか考えてない」

 フルスイングと頭脳。強烈な矛を手にした男は、東北でも豪快な打棒を披露するに違いない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

浅村栄斗
山崎武司
田中和基
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ