SCORE CARDBACK NUMBER

レブロンに学んだリーダーの資質。
アービングが気づいた“親”の思い。
~自分が若かった頃の行動を電話で謝って……~

posted2019/02/01 07:00

 
レブロンに学んだリーダーの資質。アービングが気づいた“親”の思い。~自分が若かった頃の行動を電話で謝って……~<Number Web> photograph by Getty Images

レギュラーシーズン後半戦で、アービングはリーダーとしていかにチームのポテンシャルを引き出せるか注目だ。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 それは、NBA版の「親の心子知らず」だった。

 1月半ば、カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)はレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)に電話をかけた。3シーズンの間、クリーブランド・キャバリアーズのチームメイトとして共に戦い、'16年にはNBA優勝を果たした2人だが、アービングがセルティックスに移って以来、疎遠になっていた。

「レブロンに電話して、以前の僕があんな若者だったことを謝った。あの頃、僕は何でも自分でやりたいと思っていた」

 キャブズ時代の2人は、何度も、ベテラン対若手にありがちな衝突を繰り返した。レブロンは、自分の後継者と考えていたアービングに対して厳しい言葉で叱咤し、若いアービングはそれに反発していた。結局、アービングはレブロンのもとを去ることを選び、自ら求めたトレードで移籍した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

カイリー・アービング
ボストン・セルティックス
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ