Number ExBACK NUMBER

大谷翔平に読者の質問をぶつけてみた。
「三振の多さをどう考えている?」 

text by

田村航平(Number編集部)

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/12/25 14:30

大谷翔平に読者の質問をぶつけてみた。「三振の多さをどう考えている?」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

メジャー1年目の打者成績は打率.285、出塁率.361、長打率.564。規定打席には届かなかったが、長打率はマイク・トラウトに次ぐリーグ4位に相当する。

「克服できれば必ず減る」

――2ストライクからもまるで三振を恐れず、フルスイングしているように見えました。

「そうしないと、次に繋がらなかったので。じゃあ、『三振をしないのが、いいバッティングなのか』と言われると、自分に求められているのはそうではないですし。打率も出塁率も残しながら、求められているのは長打力だと思っているので。

 三振に関しては今後、ちゃんと練習して克服できれば必ず減ると思います。三振が減ればフォアボールも増えますし、出塁率も高くなります。なので、今は単純に実力がないからそうなっているだけ、ということですね」

 屈強なスラッガーが居並ぶメジャーリーグに身を投じても、1年目から「長打力を求められている」と自覚して打席に立てる。大谷の三振の多さは、そんな芯の強さの裏返しでもあった。

 発売中のNumber 968・969号では、大谷翔平選手が投打でセンセーショナルな活躍をしたメジャー1年目を振り返っています。日本に帰国してからの反響、トミー・ジョン手術とリハビリの日々、イチロー選手のアドバイスに感じたこと……ベースボールライター・石田雄太さんが、8ページのロングインタビューで真意に迫りました。
<スポーツブーム平成史>熱狂を超えろ。

関連記事

BACK 1 2
大谷翔平

MLBの前後の記事

ページトップ