フランス・フットボール通信BACK NUMBER

アウシュビッツに消えたサッカーの名将。
アルパド・ヴァイス、偉大なる戦術家。 

text by

ロベルト・ノタリアニ

ロベルト・ノタリアニRoberto Notarianni

PROFILE

photograph byL'Equipe

posted2018/09/27 16:30

アウシュビッツに消えたサッカーの名将。アルパド・ヴァイス、偉大なる戦術家。<Number Web> photograph by L'Equipe

稀代の戦略家だったアルパド・ヴァイス監督。セリエAで3度優勝した以上の数々の偉業を、サッカー史において残している。

抵抗運動か? もしくは脱出か?

 元ハンガリー代表選手であったヴァイスには選択肢がふたつあった。ひとつはこのままボローニャに留まり、民衆の支持を拠り所にしながらファシズムに抵抗を続けること。もうひとつは迫り来る危険を避けて、イタリアから脱出することであった。

 10月に監督の職を辞したヴァイスは、状況の改善を期待しながらしばらく事態を静観した。そして翌'39年1月10日に、家族とともにパリ行きの列車に乗ったのだった。そのとき彼らはまだ気づいていなかった。それが苦難と忘却への道のりであることに……。

 それはヴァイスだけに限らない、イタリアに住む多くのユダヤ人にとっての分岐点でもあった。

 人種差別法により職を離れるまで、彼は多くの人々から敬意を払われ、称賛された指導者だった。セリエA最高の監督と評され、頂点の極みにあった。

数々のチームを栄光に導いた名将中の名将。

 ジュゼッペ・メアッツァを擁したインテルでは、1930年には今日と同様の形式となったセリエAの最初のタイトルをもたらした。

 1932年にはバリを降格から救い、さらにボローニャでその能力を存分に発揮した。就任から6カ月で素晴らしいチームを構築し、5年間(1931~35年)に及ぶユベントスのリーグ支配に終止符を打ったのだった。

 彼のボローニャはセリエA連覇を果たしたばかりか、'37年春にはパリで開催された万国博覧会での国際トーナメントで、ヨーロッパ全土をも震撼させた。

 ソショーとスラビア・プラハを連破した後、決勝でもチェルシーを4対1と破り見事優勝を遂げたのだった。

 1934年イタリアワールドカップ決勝で決勝ゴールを決めたアンジェロ・スキアビオを中心としたチームは、力強さとテクニックの絶妙なバランスを誇っていた。

【次ページ】 サッカー史の偉大なる改革者として。

BACK 1 2 3 4 NEXT
アルパド・ヴァイス
インテル
ボローニャ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ