Jをめぐる冒険BACK NUMBER

森保U-21はサウジ戦で二兎を得た。
中2日で最高の内容、サブにも火が。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/08/28 17:00

森保U-21はサウジ戦で二兎を得た。中2日で最高の内容、サブにも火が。<Number Web> photograph by AFLO

岩崎悠人の2ゴールでサウジアラビアに勝利した日本。アジア大会王者まで、あと2勝だ。

三好や上田らは悔しさをバネに。

 こうして右サイドの攻撃を強めることで流れを取り戻した日本は73分、左サイドを切り崩した前田のマイナスのパスを岩崎が決めて勝ち越しに成功するのだ。

 流れを変えた立役者のひとり、途中出場の遠藤は言う。

「康児くんもすぐに出てきてくれて、右サイドで自分たちの好きなようなサッカーができた。康児くんも(スタメンを外れて)悔しい想いがあったと思う。そういう部分で今日出なかったメンバーの分まで、という想いを持ってやれたと思う」

 こうした言葉を聞くと、三好、遠藤、MF神谷優太(愛媛FC)、MF初瀬亮(ガンバ大阪)、FW上田綺世(法政大)といった、これまで主力だった選手がスタメンから外れた背景には、リバウンドメンタリティを養わせたい、発奮させたいという指揮官の狙いも感じ取れる。

 結果と成長のふたつを手に入れたサウジアラビア戦は、このチームが昨年12月に立ち上げられて以来のベストマッチと言っていい。

 中1日をあけて8月29日のUAE戦では、今度は準々決勝のスタメンから外れて悔しい想いを味わった選手たちが二兎を追い、二兎を得る番だ。

関連記事

BACK 1 2 3
森保一
岩崎悠人
大南拓磨
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ