マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

大学選手権で心が震えた剛腕2人。
則本級の快速球を持つ投手が! 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/26 17:00

大学選手権で心が震えた剛腕2人。則本級の快速球を持つ投手が!<Number Web> photograph by Kyodo News

大学野球選手権で好投を見せた苫小牧駒澤大・伊藤大海。2年生の伸び盛りだ。

則本のような空気を切り裂く快速球。

 北海道からやって来た記者の方が言うには、春のリーグ戦は52イニングをわずか7つの四球で乗りきったというのだから、そもそもモノが違う。

 テークバックも大きいが、腕の前振りはもっと豪快。140キロ弱のカットボール、125キロ前後のスライダーと100キロ台のスローカーブを“お口直し”に時々はさむが、豪快な腕の叩きはそのままだから、日本文理大打線がまるでついていけない。

 それにしても、これだけ全力で投げて逆球がほとんどないのがすばらしい。上体が開かないから、全身のひねりで腕が振られて、腕の軌道にブレがない。

 速球のスピンがすばらしい。久々の「空気を切り裂くような」快速球。三重中京大の則本昂大(現・楽天)がこの大会で、20三振奪っていた頃のボールを思い出す。

「北海道」のチームとの対戦が決まった時、もしかしたら、もらった! しめた! の思いが日本文理大にあったかもしれない。ところが、当たってみたら、なんだこりゃ! びっくりしているうちに、ヒット5本の2点にとどまり、10個の三振を奪われて、試合が終わっていた。

 それがほんとのところだったのかもしれない。

翌日も連投してもスピードが落ちない。

 翌日の慶應義塾大戦に、まさか連投で伊藤大海が先発してくるとは思わなかった。

 前の日、あれだけの“大奮投”があったのに、この日も速球のスピードが“145”より落ちない。

 しかも、ピンチになると147、8キロにスピードアップさせて、その速球で勝負を挑む。胸がすく。

 そりゃあ、あれだけの熱投の翌日だ。勝負の速球がシュート回転して中に入ることもままあって、5回途中まで投げて7点を奪われ、最後は、慶大6番の内田蓮三塁手(4年・180cm80kg・右投左打・三重高)にスライダーをライトオーバーの二塁打にされて、下を向いたまま大股でマウンドを降りていった姿、これがまた泣かせた。

【次ページ】 津村はサイドハンドでも速球に自信。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

青野善行
伊藤大海
津森宥紀

プロ野球の前後のコラム

ページトップ