冨田洋之の名言 

今日の名言 

難しい技をいとも簡単に行っているように見せたかった。苦しいとか、痛いとか、無縁な表情で演技したかった。

冨田洋之(体操)

2018/05/20

2004年アテネ五輪では日本のエースとして活躍し、団体での金メダル獲得に貢献。「メダルより、記憶に残る美しい体操を」という思いを抱きながら演技をしてきたというが、実績も記憶も両方残した選手であった。2008年、北京五輪終了後の11月に現役引退を表明。

Number717号(2008/11/27)

ページトップ